和田永 「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」
4/29 Sound&City 出張!

終了しました!

和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」が4月29日(金・祝)Sound&City(produced by WIRED Lab,TechShop Tokyo) に出張します!

初合奏遭遇篇で見たあんな楽器やこんな楽器・にまた会えるかも?!
NICOS LABの全貌も公開?!
ぜひお越しくださいませ!

開催概要

■日時:2016年4月28日(木)・29日(金・祝)
*和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」CONFERENCE SESSIONとSOUND SESSIONはは4月29日(金・祝)出演
INSTALLATIONは両日開催

■会場:アークヒルズ(アーク・カラヤン広場、WIRED Lab.、TechShop Tokyo、アークヒルズカフェ)
(〒107-6001 東京都港区赤坂1丁目12−32)

■入場料:無料(有料プログラムあり)

<INSTALLATION>

ボーダーシャツァイザー
■場所:アーク・カラヤン広場
■日時:4月28日(木)4月29日(金・祝)
*29日はSOUND SESSION設営前までの体験可能

<CONFERENCE SESSION>

「和田永ほか|和田永が構想する「ニコス・ラボ」とは何か? 参加型ラボの未来図を語る」
■日時:4月29日13:00 – (80分)
■場所:アークヒルズカフェ
■有料:1日券3,500円
■モデレーター|若林恵(『WIRED』日本版編集長)

<SOUND SESSION>

和田永|廃棄家電を通して、人と音楽とが甦る
■日時:4月29日 19:00 – (45分)
■場所:カラヤン広場特設ステージ
■無料

■入場料:詳細/問い合わせはこちら:http://sound-and-city.jp/

WIRED記事:http://wired.jp/2016/04/15/sound-and-city/

  • 和田 永

    1987年東京生まれ。物心ついた頃に、ブラウン管テレビが埋め込まれた巨大な蟹の足の塔がそびえ立っている場所で、音楽の祭典が待っていると確信する。しかしある時、地球にはそんな場所はないと友人に教えられ、自分でつくるしかないと今に至る。大学在籍中よりアーティスト/ミュージシャンとして音楽と美術の間の領域で活動を開始。オープンリール式テープレコーダーを楽器として演奏するバンド『Open Reel Ensemble』を結成してライブ活動を展開する傍ら、ブラウン管テレビを楽器として演奏するパフォーマンス『Braun Tube Jazz Band』にて第13回メディア芸術祭アート部門優秀賞を受賞。各国でライブや展示活動を展開。ISSEY MIYAKEのパリコレクションでは、現在までに7回に渡り音楽を担当している。2015年よりあらゆる人々を巻き込みながら古い電化製品を電子楽器として蘇生させ合奏する祭典を目指すプロジェクト『エレクトロニコス・ファンタスティコス!』を始動させて取り組む。そんな場所はないと教えてくれた友人に最近偶然再会。まだそんなことやってるのかと驚嘆される。

  • 若林 恵(WIRED日本版 編集長)

    1971年生まれ。平凡社「月刊太陽」編集部を経て2000年に独立。カルチャー雑誌で編集に携わるほか、音楽ジャーナリストとして音楽誌への寄稿や音楽レーベルのコンサルティングなども行う。11年より現職。